2021.6.14 新着記事「【正しい家計管理やってみた④】1年の予算を組もう!わが家の2021年度予算編成作業を公開!」を掲載しました

【金利試算あり】団信のがん特約つける?つけない?検討のポイントは?

こんにちは,だいです。

住宅ローンを検討する際の悩みの種のひとつが「団体信用生命保険をどうするか」ということです。

  • 死亡,高度障害になると残債が0になる通常の団信
  • 金利上乗せ(上乗せなしの商品もあり)でがん確定診断でも残債が0になるがん団信
  • さらに上乗せでその他の特定の疾病や果ては全疾病で所定の状態になると残債が0になる〇大疾病団信や全疾病団信

など種類はたくさんありますが,上乗せ金利の負担と保障範囲の広さのバランスで悩む方が多いと思います。

関連記事

住宅ローンを検討する際、団体信用生命保険をどうするか悩まれる方は多いのではないでしょうか。 通常の団体信用生命保険にして金利負担を抑えるか,金利負担をしてでも「がん団信」や「全疾病団信」のような保障範囲が広いものにするか,非常に悩ま[…]

上乗せ団信アイキャッチ

だいたいの上乗せ金利は0.2~0.3%が多いようですが,この率でローンの総返済額がどの程度変わるか計算したことはありますか?

今回は,上乗せ団信が通常の団信と比較してどの程度返済負担が増えるのかを実際に計算してみたいと思います。

・住宅の資金計画を検討中の方
・団信の商品選びに悩まれている方
・住宅購入と保険の見直しをセットで考えている方

実際に負担が増える金額を明確にして,団信の検討に役立ててもらえるとうれしいです。

スポンサーリンク

実際に上乗せ団信の金利負担を計算してみる

早速ですが,実際にローンの金利負担がどれだけ増えるかを計算してみたいと思います。

ローンにもいろいろなパターンがあると思いますので,何パターンか条件を仮定して計算してみたいと思います。

  • 返済期間:35年
  • 借入額:3000万円
  • 変動金利の場合は5年ごとに0.25%ずつ金利上昇
  • 住宅ローン控除は考慮しない

この条件は固定で,適用金利と変動or固定の条件を変更しながら上乗せ金利を0.1%、0.2%、0.3%で試算していきます。

①変動金利0.380%

適用金利はこの記事執筆時点での最安金利です。

この条件で上乗せありとなしを比較していきます。

  上乗せなし 上乗せ0.1% 上乗せ0.2% 上乗せ0.3%
総返済額 34,716,973円 35,303,592円 35,896,425円 36,495,459円
総利息額 4,716,973円 5,303,592円 5,896,425円 6,495,459円
上乗せなしとの
差額
586,619円 1,179,452円 1,778,486円

②変動金利0.470%

記事執筆時のメガバンクの変動金利の下限利率がだいたい0.470%前後だったので,この金利でも計算してみたいと思います。

  上乗せなし 上乗せ0.1% 上乗せ0.2% 上乗せ0.3%
総返済額 35,244,650円 35,836,863円 36,435,277円 37,039,878円
総利息額 5,244,650円 5,836,863円 6,435,277円 7,039,878円
上乗せなしとの
差額
592,213円 1,190,627円 1,795,228円

③フラット35S 当初10年1.050%,10年目以降1.300%

フラット35を利用した場合でも計算してみます。

フラット35S(金利Aタイプ)を利用できれば,当初10年間は△0.25%ですので,この条件を適用します。

フラット35では上乗せ団信にバリエーションがほとんどないですが,参考に試算してみます。

  上乗せなし 上乗せ0.1% 上乗せ0.2% 上乗せ0.3%
総返済額 36,637,151円 37,239,679円 37,848,244円 38,462,823円
総利息額 6,637,151円 7,239,679円 7,848,244円 8,462,823円
上乗せなしとの
差額
602,528円 1,211,093円 1,825,672円

結果:借り方による差はほとんど生じない

  上乗せ0.1% 上乗せ0.2% 上乗せ0.3%
上乗せなしとの差額
利率0.380%
586,619円 1,179,452円 1,778,486円
上乗せなしとの差額
利率0.470%
592,213円 1,190,627円 1,795,228円
上乗せなしとの差額
フラット35
602,528円 1,211,093円 1,825,672円

こうして見てみると,変動か固定かや利率の高低によっては上乗せ団信と通常団信の差額はほとんど変わらないことがわかります。

がん団信は不要?がん保険とどちらで備えるか

がんやその他の疾病に罹患した際の保障は上乗せ団信以外の手段でもカバーは可能です。

がんを例に挙げてみます。

金額の比較

上乗せなしの場合の年間返済額(総返済額を35年で割った金額にしています)は

  1. 991,913円(34,716,973÷35)
  2. 1,006,990円(35,244,650÷35)
  3. 1,046,775円(36,637,151÷35)

となるわけですから、だいたい年間で100万円の保障がされるがん保険に入れば上乗せ団信と同じ保障を得ることになります

だい
100万円の経済的利益を年間100万円のローン支払いがなくなる形で得るか,100万円の保険金が入る形で得るか,という違いですね

ある保険会社のがん保険では、がんの治療をしていれば2年に1度200万円がもらえる、つまり1年あたり100万円がもらえるという設定にした場合、35歳男性では35年間で1,936,350円の保険料を払うことになります。

単純に比較すると、上乗せ金利0.2%時の金利負担の差額が

  1. 1,179,452円
  2. 1,190,627円
  3. 1,211,093円

なので、いずれの場合も団信の方が安価に保障を用意できることになります。

保険料以外の差異

がん団信とがん保険、金額以外では何が違うでしょうか?

がん団信は保障金額が大きい

がん団信はがんと確定診断されればローンの残債が0になります。

がんになった時期によりますが早ければ早いほどチャラになる金額は大きい=保障金額は大きくなります。

だい
がんになること自体は全くいいことではありませんが。。。

また一度確定診断された時点で残債が0になるため、仮に癌が完治したとしてもローンの支払いは必要なくなります

当然ですががん保険はがんが治れば保険金はおりなくなります。

がん団信とがん保険を比較する際にこの保障金額の大きさ(治った後の分も債務がなくなるお得感)に魅力を感じる方も多いのではないでしょうか。

老後のがんに対する保障

団信は住宅ローンに付帯するものなので住宅ローンの返済が終了すればまったく何の保障も残りませんが,がん保険は保険期間がローン返済後の年齢まで(例えば終身など)カバーされるものであればローン返済後も保障があります

がん団信の方が安く保障を用意できるからがん団信だけでいいやと考えている方は,住宅ローンの返済後まで考えた上で結論を出すことをおすすめします。

返済が完了した後にがんの保障が何もないことに気がつき,保険に入ろうとしても,保険料が非常に高額になったり既往があって告知でひっかかったりということも考えられます。

  • ローンが払い終わるころまでにはしっかり貯蓄ができているはず
  • もし老後にがんになったら保険には頼らずに貯蓄の範囲で治療を行う
  • だから現役時代はがんの保障に余計な費用を払わないようにがん団信1本にする

というところまで考えるならば,がん団信1本もありだと思います。

途中解約の可否

先ほども書きましたが団信は住宅ローンに付帯するものなので,途中解約できないものが多いです。(できるものもあります)

がん保険は任意のタイミングでいつでも解約することができます。

何らかの事情で保険料を削減したいとなった場合に,がん団信は解約できないことが多いので注意しましょう。

保険料控除

団信もがん保険も「保険」ではありますが,団信については保険料控除を受けることができません。

団信は私たちが保険金を受け取るのではなく,金融機関が受け取って残債の弁済に充てるものだからです。

スポンサーリンク

そもそもがんに対する手当をどのように考えるか

ここまでがんになったときのために「がん団信に入るか」「がん保険に入るか」という二択のお話をしてきましたが,個人のがんに対する考え方によっては,

・どちらにも入らない
・どちらにも入る

という選択肢もあります。

例えば

  • がんは保険診療のみで積極的に自由診療を受けることはしない
  • 高額療養費や傷病手当金もある
  • ある程度貯蓄もあるので保険に頼らずとも何とかなる

と考えている人はがん団信もがん保険も必要性は高くありません。

  • 子供の成長が見たいのでどんな治療を受けてでも生き延びたい
  • がんによる減収や退職などが心配だ

という人はがん団信もがん保険も必要性は高いでしょう。

自分ががんになったらどうしたいか,どの程度支出が増えて収入が減るのか,そしてそこにどの程度の手当てが必要かを考えて

  • がんに対しては保険での手当はしないのか
  • がん団信にもがん保険にも入るのか
  • がん団信かがん保険のどちらかに入るのか
  • どちらかにする場合は費用その他を検討して決める

というようにすることがベターではないかと思います。

〇大疾病団信や全疾病団信も同様に考える

考え方の基本は疾病団信も同じで,がん保険が就業不能補償保険に置き換わることになります。

ただし,がん保険の場合と就業不能補償保険の場合では以下の点が違うので,検討の際には考慮が必要です。

①完済後の保障について

がんの場合は完済後にがんになった場合の保障のことについて言及しました。
しかし,サラリーマンであれば老後は働けなくなることで収入が減ることはない(就業していないので就業不能を補償する必要はない)ので,老後の保障は考えなくともよいと思います。

②団信と就業不能補償保険の給付条件の差異について

がんの場合は団信もがん保険も給付条件はほぼ「確定診断」で同じだったので単純比較ができましたが,疾病保障の団信と就業不能補償保険は条件が異なる場合があるので,単純比較せずに給付条件をよく確認した方がよいと思います。

疾病団信の給付条件については以下の記事でも書いていますのでご覧ください。

関連記事

住宅ローンを検討する際、団体信用生命保険をどうするか悩まれる方は多いのではないでしょうか。 通常の団体信用生命保険にして金利負担を抑えるか,金利負担をしてでも「がん団信」や「全疾病団信」のような保障範囲が広いものにするか,非常に悩ま[…]

上乗せ団信アイキャッチ

まとめ

今回は上乗せ団信に加入すると実際に金利負担がどの程度増えるのかを実際に計算してみた上で,がん保険に加入した場合の保険料と比較しながら,どのように加入を検討するかを考えました。

私の場合は,母が40歳くらいで乳がんになり(今はピンピンしてます),叔父は膵臓癌で亡くなっていて親族にがんが多いので,住宅購入前から以下のがん保険に入っていました。

  • 確定診断で初回300万円,以降2年おきに100万円 終身保障 保険料28,000円/年
  • 自由診療含む実費保障型 5年定期 保険料6,000円/年

子供が成人するまではできるだけの治療を受けたいので実費保障型をつけて手厚く,成人したら解約するという考えでいます。

治療費は実費保障型の方で賄えるので,もう一方で減収分をカバーするという構成にしており,がん団信などの上乗せ団信には加入していません

だい
金額負担も団信の上乗せ金利とがん保険の保険料が同じくらいだったので,そのままがん保険を続けてがん団信には入らないという選択をしました

ちょっと過剰かな~と思うときもあるのですが,今のところがん保険の入り方もがん団信に加入していないことも納得できています。

皆さんも納得したローン,保険を選べるようにいろんな選択肢を検討してみてください。

スポンサーリンク