2021.6.14 新着記事「【正しい家計管理やってみた④】1年の予算を組もう!わが家の2021年度予算編成作業を公開!」を掲載しました

「凡人くんの人生革命」レビュー!副業だけでなく新しいことを始めたい人へおすすめ!

  • 2021年3月31日
  • 2021年4月1日
  • ライフ
  • 18view

2021年3月17日に発売された「嫌なことから全部抜け出せる 凡人くんの人生革命」

この本を書いたヒトデさんはブロガー界隈では超がつくほどの有名人で私もヒトデさんのブログを見て「ブログをはじめてみよう!」と思い立った一人です。

そのヒトデさんが初めて執筆された本がこの「嫌なことから全部抜け出せる 凡人くんの人生革命」です。

だい
発売がわかって即予約して読みました!

この本ではヒトデさんが会社を辞めてフリーランスになった経験をもとに

  • 副業のための時間の使い方,確保の仕方
  • フリーランスになるまでのロードマップ
  • お金のお話
  • 情報発信のお話

が書かれています。

主に副業をしたい人,フリーランスを目指している人に刺さる本だと思いますが,私はもう少し広く「新しいことを始めてみたい人」にもおすすめできる本だな~と思っています。

特に「時間の使い方」と「情報発信」については

  • ブログ始めてみたい,資格の勉強したい,新しいこと始めたい
  • でも仕事もあるし家事育児もあるからそんな時間ないし・・・

という忙しいパパママに非常に刺さる内容です!

だい
私がまさにそんな感じでした!

今回はこの本の「時間の使い方」「情報発信」に重点を置いてご紹介していきたいと思います。

スポンサーリンク

総評と注意点

注意点:新情報はそんなにないよ

今までヒトデさんのブログやyoutubeをご覧になってきた方にとっては「目から鱗の新情報!」というものはないと思います。

私もある程度ヒトデさんのブログやyoutubeは拝見していましたので内容的には「ふむふむ,あったあった。」という感じで読み進めた部分が多かったように思います。

だい
あ,でもタメにならないってわけじゃないんですよ。

今読んで新たな気付きを得るということは大いにありました。

それがこの本の総評でもあります。

何かを始めるための時間の使い方と情報発信の重要性

実はこの本を読んでる時の私は

  • ブログ書きたい!
  • 資格の勉強したい!
  • 本業も忙しい!
  • あ,年度末だから家計の締めと来年度の予算を・・・
だい
ぬぉぉー!時間ないー!!

と若干テンパっていました。

そんな状況下でこのヒトデ本を読んだわけですが,ざっくり言うと

  • 時間は限られてるんだから,何かを始めるならその分何かをやめる必要がある
  • やると決めたことを実際に行動に移せる「仕組化」が必要
  • そしてそれを継続していく際に似た考えを持つ仲間がいるとよい。そのためには情報発信が大事よ!

という3点が個人的には響いたポイントです。

この点は副業をする方,フリーランスを目指す方に限って有用な話ではなく,むしろ(私をはじめとする)忙しいパパさんママさんに読んでほしい内容だなと感じています。

以下,それぞれお話していきたいと思います。

ヒトデさんってどんなひと?

ブロガー界隈では知らない人はいないであろうヒトデさん。

でも普通の人は「誰やそれ?」という方もいると思いますので初めに軽くご紹介したいと思います。

月収100万円超を4年以上継続するブロガー

ヒトデさんはもともと会社員をされていました。

ですが「会社を辞めたい!!!」との強い思いでブログに心血を注ぎ,鬼の作業量と継続力でブログ収益が会社員の収入を超えるようになります。

(本書のここがいやだよ元弊社というコラムがおもしろいです)

その情熱たるや仕事をしながら平日3時間をブログに捧げるものすごいものです。

だい
この本は「凡人くん」の人生革命ですが,果たしてこれができる人を凡人と呼んでよいのかどうか・・・

結果,ヒトデさんの努力が実を結び退職を実現,月収100万円超を4年以上継続されている全ブロガーが目標とするまさしくブログ界のスターです☆(ヒトデだけに)

コワーキングスペースやオンラインサロンも運営

ヒトデさんはブログをきっかけとして多方面に事業を展開しています。

ブロガー向けのコワーキングスペース「ABCスペース」とブロガーのための通信講座「ABCオンライン」を運営されています。

だい
今はなかなか遠出できないですが,いつかはABCスペースに行ってみたい・・・!(聖地巡礼)

時間を生み出す方法と確実に行動に移すための仕組化

本書で私が特に「刺さったなぁ」と思ったのは,時間の使い方に関するお話の部分です。

何かを始めるには,何かをやめる必要がある

すでに書いたとおりヒトデさんは最初は会社員でありながらブログをされていました。

なんと平日3時間

今の私にからすると

だい
いったいどこからそんな時間が捻出できたんだろうか

という思いしかありません。

ヒトデさんは本の中でこうおっしゃっています。

「何かを始めるには,何かをやめる必要がある」

当然といえば当然,時間は人類みな平等1日24時間。

でも意外なほどに自分がこういう考えを持っていないことに気づかされました。みなさんはどうでしょう?

だい
そうは言ってもそんな簡単にやめられることなんて・・・

と思いますが,例えば何の気なしに眺めているSNS。
少し見始めると意外なほどに時間が溶けていることありませんか?

通勤時間やお昼休み。
特に何もせずにスマホを眺めて終了~じゃないですか?

日々の生活を振り返ってみると意外と削れそうな時間があることに気が付くと思います。

自分流の時間活用アプローチが行き詰っていた

本書では何かをするための手段として「何かをやめる」ことを紹介していますが,私は何かをするための手段として「2つのことを同時にやる」ことをしていました。

だい
いわゆる「ながら家事」ですね。

家事をしていても耳はフリーですから,youtubeやオーディオブックで情報をインプットすることはできます。

家事の時間って意外とたくさんありますから,この方法でインプット効率は上がりました。
(ヒトデせいやチャンネルもたくさん聞きました)

ながら家事については↓「【耳活】ながら家事のススメ!読書・Youtubeで家事時間を有効活用!」↓をご覧ください。

関連記事

全国の家事をがんばるパパさんママさんお疲れさまです。 みなさん家事に時間を拘束されてこんなこと考えたことないですか? あ~毎日毎週家事大変や・・・あれもしたいしこれもしたい,でも家事で時間がない・・・ だい 本も読みたい[…]

ですが,やはりアウトプットは家事をしながらではできず,そのために時間を確保する必要があります。

その時間が確保できずにタスクが渋滞を起こし,「時間がない!」状態に陥っていました。

やはり「何かをやめる」ことは必要。さて何をやめるか。

そんな状態でこの本を読んだ私にはヒトデさんの「何かを始めるには,何かをやめる必要がある」という言葉はとても響きました。

次なる問題は「何をやめられるか」です。

ヒトデさんは本書の中で以下のような具体例を示しています。

  • 通勤時間の無意味なスマホいじり
  • お昼休みのお昼寝
  • テレビやゲーム
  • 飲み会への参加
  • やたらとSNSをチェックする

私の場合はお昼寝,テレビ,SNSですかね。。。
あとは娘を寝かし付ける際にどう寝落ちを回避するか←最重要

意志ではなく行動によりやめることを仕組化する

これをやめよう!と思って実際にやめることは意外とハードルが高いです。

例えばSNS。

1日のうちスマホを開く機会はたくさんありますが,開くとついつい見てしまいます。やめようと思っていても見てしまいます。

本書の中でヒトデさんはやめようという意志で何とかするのではなく行動が大事,やめることをサポートするような行動を取るべしと言っています。

  • テレビを見ないようにするならコンセントを抜く
  • SNSを見ないようにするならログアウトしてホーム画面には置かない

などですね。

ここまですると

  • 自分のやりたいこと(副業,資格の勉強など)に使う時間を決める
  • その時間の分だけ今の生活でやめられるものを探す
  • それをやめることをサポートする行動を取る
  • 空いた時間で自分のやりたいことをやる

という流れが出来上がり新しいことを始める環境,マインドが整えられるわけです。

だい

これって別に副業に限った話ではないですよね。忙しいパパママさんが時間を捻出することにも応用できると思います。
スポンサーリンク

全人類に情報発信は必須!

ヒトデさんは本書の中で「全人類に情報発信は必須」と言っています。

これは情報発信に以下のようなメリットがあるからです。

  1. 自分の考えに共感する人が集まる
  2. より自分に情報が集まるようになる
  3. 仕事につながることがある
  4. 情報を受け取るだけの側から脱却できる

特に1つ目と2つ目はわかりみが深いなぁと感じています。

私自身,このブログ開設から少し後にtwitterを始めました。

ブログ運営は結構孤独な作業です。

自分の運営の参考に他の人の情報も集めたいですし,一緒に励ましあってブログを続けていける同志が欲しいという思いがありました。

また,このブログの内容は保険や家計,マイホームのことなど普段から付き合いのある親戚や同僚にもあまり話さないようなものを多く扱っています。

こういった話についても意見交換をしてみたいという思いもあり,twitterの世界に飛び込んでみました。

だい
私がSNSを始めた動機はまさしくヒトデさんがいう①と②だったのです。

ヒトデさんも本書の中でおっしゃっているのですが,自分が情報発信をしていればそれに興味を持ってくれた人と繋がることができます。

そしてこうしてできる繋がりは趣味嗜好が似ている者同士なので,非常に気が合うことが多いです。

これから新しく副業を始める,勉強を始めるといったときに似たような考えを持つ人,似たような環境にいる人と繋がれるということは情報を得るという意味でもモチベーションの向上という意味でも非常に大きい利点だと思います。

まとめ

本書は読んですぐにマネすればヒトデさんのようにブログ飯が実現する!という類の本ではありません。

だい
ヒトデさんがそうであったように時間をかけて継続して自分なりの工夫を凝らして初めて成功の芽が出てくるのだと思います。

そのためのマインドや行動についてご自身の実例を交えてわかりやすく解説し,優しく背中を押してくれるような本だと感じました。

今回は副業に限らず「何か新しいことを始めたい方」におすすめできる内容として「時間の使い方」と「情報発信」にフォーカスしてご紹介しましたが,もちろんその他の内容も副業やフリーランスに興味がある方にとっては参考になると思います。

さすがに一流ブロガー,文章も読みやすくさらっと読んでしまえる一冊になっているのでぜひお手に取ってみてください。

スポンサーリンク