2021.6.14 新着記事「【正しい家計管理やってみた④】1年の予算を組もう!わが家の2021年度予算編成作業を公開!」を掲載しました

エムピウ ミッレフォッリエ ナポリ2年使用レビュー:キャッシュレス時代に最適なお財布

  • 2020年10月13日
  • 2021年3月12日
  • ライフ
  • 392view

みなさん,お財布は「長財布派」ですか?「二つ折り派」ですか?

私は少し前まで長財布派でした。

何となくかっこよくて大人の男っぽくない?という超感覚的な理由です。

ですがこのお財布,家計管理をしっかりしよう!と思ったときにちょこちょこよくないな~と思う点があったのです。

具体的に言うと

  • 収納力がある分レシートを貯めこむ
    →貯めこんで家計簿のつけ忘れ
  • ポイントカード類をたくさん収納できるので誘惑が多い
    →今日はポイント〇倍だからとお店に行って不要なものを買ってしまうパターン
  • お金がたくさん入るのでついつい使ってしまう

という点です。

また,

  • 単純に大きくて重い
  • 今後キャッシュレス化が進んでいくので,小さい財布でいい

ということもあり,コンパクトで機能的な財布を探していたところ見つけたのが

m+ millefoglieⅡ P25

という財布でした。

「エムピウ ミッレフォッリエ2 P25」と読みます。

created by Rinker
¥16,500 (2021/06/23 05:02:37時点 楽天市場調べ-詳細)

この財布,小さいのに適度の収納力があって非常に機能的です。

私は家計用のお財布(ミッレフォッリエ)と自分のお小遣い用のお財布を別々にしているのですが,お小遣い用の財布として色違いのミッレフォッリエをもう1個ほしいくらいです。

だい
ちなみに私が使っているのを見て妻も義母もミッレフォッリエを買いました笑

ミッレフォッリエを目に留めた方は,

  • 使いやすさはどうなんだろう
  • 小さいけどカードや小銭,お札はどの程度入るんだろうか
  • 革のエイジングも楽しみたいけど,どんな感じになるんだろうか

ということが気になると思います。

この記事では,ミッレフォッリエ愛用歴2年超のだいが,ミッレフォッリエの

  • 使い勝手
  • 収納力
  • デザイン,エイジング
  • 実際に家計管理に良い影響があったのか

について,メリット・デメリットを織り交ぜてご紹介します!

スポンサーリンク

ミッレフォッリエってどんなお財布?

m+の公式サイトはこちら

m+はお財布以外にもいろいろな革製品を取り扱っています。

・コンパクトなサイズ
・広げるとお札,コイン,カードが全て視認できる使いやすさ
・ギボシで留めるボックス型の独特のデザイン
・上質なレザーを使用していてエイジングが楽しめる
・豊富なカラーバリエーション

サイズは,8.5cm×11cm×2.5cm,スマホ(iPhone6S)と並べるとこんな感じです。

ミッレフォッリエとスマホのサイズ比較

デザインは、カード収納とコイン収納の部分を一枚の革でまるっと包むような特徴的な形になっています。

包んだところをギボシで留めるというのもデザインの特徴ですね。

ミッレフォッリエのギボシ

このギボシがポイントになっててオシャレなんですよね〜

ミッレフォッリエを使い始めて2年超ですが、飲み会の会計時にお財布を出した時などに

そのお財布おしゃれだね

え?それお財布だったの?

と言われること(特に女性から)が結構ありました。

だい
スーパーのレジ打ちの店員さんから「めずらしい形のお財布ですね」と言われたこともあります笑

カード収納は16枚→ちょうどいいです

ミッレフォッリエには2種類のカードポケットがあり,合計16枚のカードを収納できます。

すぐにアクセスできるフラップポケット

ミッレフォッリエのフラップポケット

フラップポケットは,財布を開いたときにすぐに見える一番使いやすいポケットです。

収納枚数は1枚なので,使用頻度の高いカードを入れることをおすすめします。

また,このポケットは,お札を隠す役割と抑える役割も兼ねています。

私はここにSuicaと免許証を入れています。

「あれ?1枚しか入らないんじゃ?」と思った方,実はスペック上は1枚なんですが,2枚入るんです!

2枚入れると最初のうちはかなりきつきつなんですが,徐々に革がなれてきて,2枚でも余裕ができるようになります。

今では,1枚しか入れていないとゆるゆるでカードが落っこちてしまいます。

私がここにSuicaを入れているのは,ここに入れておけば財布の外面に一番近い場所ですので,財布を閉じたまま改札に”ピッ”とできるからです。

5枚×3つのカードポケット

ミッレフォッリエのカードポケット

財布を広げるとそこに3つのカードポケットが現れます。

このポケットにそれぞれ5枚ずつ,計15枚のカードが収納可能です。

このカードポケットには重ねてカードを入れるため,全てのカードの表面を目視することができません。

長財布であれば,1ポケットに1枚ですので,どこにどのカードがあるのか探しやすいですよね。

ミッレフォッリエと長財布のカードの見易さ比較

人によってはこの点がデメリットに感じることもあると思います。

ただ,私自身はそこまでカードが探しづらいと感じたことはありません。

それはおそらく私がこの3つのポケットを用途に分けて使っているからだと思います。

  • キャッシュカードなどの金融系
  • 最低限のよく行くお店のポイントカード
  • 保険証やかかりつけ医の診察券,マイナンバーカード

用途ごとに収納しているので,カードを探す際は1つのポケットの5枚の中から探すだけですので,ほとんど手間は感じません。

カード15枚って少なくない?

私が長財布から二つ折りに変えようと思った理由の一つが「カード類の整理」でした。コンパクトな財布にすることで,強制的に持ち運ぶカードの枚数を減らす作戦です。

15枚って少なくない?と思う方もいらっしゃると思いますが,慣れると意外と大丈夫なものです。

私も長財布から買い替えるときに同じことを思いましたが,整理して15枚にしてみると皆さんもきっと気がつきます。

だい
な,なんて使わないカードが多かったんだ!

ミッレフォッリエに移さなかったいわば2軍カードたちは、なければないでほとんど使わないのです。多かったのはめったに使わないポイントカードと,めったに行かない医者の診察券ですね。

使うことがあったとしても,「急に必要になった!」みたいなことはまず起こらず,「今日はあそこに行くからあのカードが必要だな」と事前に準備していけば事足りるケースがほとんどです。

30枚収納できる「P30」モデルあります

カードがどうしても15枚に収まらない!という方のためにミッレフォッリエにはP30というカードが30枚収納可能なモデルも用意されています。

created by Rinker
¥17,600 (2021/06/22 18:48:57時点 楽天市場調べ-詳細)

当然ですが,その分サイズも大きく,9.5cm×11cm×3cmとなっています。

だい
どうしてもカードを15枚に絞り切れない方にはピッタリですね!

コイン15枚収納可→計算された枚数です

お財布を開いた画像を見て,「コインはどこに入れるんだ?」と思った方もいらっしゃるかと思います。

ミッレフォッリエのコインは,3つのカードポケットの下に収納スペースがあります。

ミッレフォッリエのコインポケット

コイン収納に関しては,先ほどのカード収納とは逆に,長財布よりも格段に視認性が良いです。

口が大きく開くので,コイン収納全体が見え,かつコインの面(金額や絵柄)が見えるので,何円の硬貨が何枚あるかがすぐに把握できます

だい
長財布だと,コインの側面しか見えませんよね。

口が大きいことで,コインをつかみやすいですし,お釣りを入れるときも一気にザっと入れてもこぼれることがありません。

また,「コイン15枚」と聞くと「少なくない?」と思う方,いらっしゃいますよね?(←カードの時と同じ流れ)

でもよーく考えてみてください。999円ってコイン何枚だと思いますか?

そう!15枚なんです!

なので,お釣りをちゃーんと計算して小銭を払うようにすれば,コインが15枚を超えることはあり得ないんです!

私もミッレフォッリエに替えてから,なるべくお釣りを計算して小銭を出すようになりました。(頭の体操にもなります)

だい
そんなところまで計算して作っているんですね~
スポンサーリンク

お札は10枚入ります

ミッレフォッリエのお札の収納は、一見すると少しわかりづらいです。

コインの収納部の下にお札を差し込むスペースが用意されており、そこに縦にお札を差し込みます。

ミッレフォッリエのお誘い

お札の差し込み部はキツすぎず緩すぎずなちょうど良い加減で作られているので、差し込みづらさは感じませんし、お札が勝手に落ちてくることもありません。

収納時はお札の上にフラップのカードポケットを重ねます。

こうすることで、お財布を開いた時に曲がったお札が飛び出してくるのを防いでいます。

フラップがないとお財布を開けた時にこんな感じになります。

使う時はフラップを開ければお札をめくれるようになります。

お札の収納10枚は十分?

結論から言うと、現金主義で常にお金がある程度お財布に入っていないと不安、という方にはミッレフォッリエは合わないかもしれません

多少頑張れば15枚くらいまでは入りますが、収納枚数が多いほど、畳んだ時にギボシが留づらくなるので,おすすめしません。

私の場合、キャッシュレス決済をメインにしていくつもりでミッレフォッリエを購入したので、お財布には1万円もあれば十分だな〜と思っていました。

あまりお財布にお札を入れない方、キャッシュレス決済をメインにしている方には十分すぎるくらいだと思います。

レシートも入れるならここしかない

ミッレフォッリエは長財布のように紙幣を入れるポケットが複数あるわけではありません。

ですので、レシートを取っておく方はお札収納部分に入れるしかありません。

しかし先ほども言ったように、過剰に入れるとギボシが留めづらくなります。

また、レシートを挟んでおくとお札を取り出す時にレシートも一緒に出てきてしまうことがあるため、非常に邪魔になります。

この財布にとってレシートは百害あって一利なしということに使い始めて早い段階で気がついたので、すぐにレシートを財布から出す習慣がつきました。

だい
結果、家計簿の記載も早くなり、漏れも少なくなりました!

ミッレフォッリエの使い心地

実際の使い心地はというと、非常に使いやすいと思います。

使う際は、このように財布を縦にして使います。

右利きの方は左手で財布を持ち、指でフラップをあげるとお札にアクセスできます。

コイン収納部まで開けると分かるのですが、全て開いた状態にすると、お札、カード、コイン全てにアクセスできます。

全部が一度に見渡せて非常に視認性がいいです。

長財布だとまずお札のポケットからお札を出して、コインのポケット開いてコインを出して、カードを探して、といろんなところを開け閉めする必要があります。

対してミッレフォッリエはギボシを外してくるんと全部開いてコイン収納を開けば、全てにアクセス可能です。

左手で広げた状態をキープしながら右手でお札もコインもカードもササっと取り出せるので、お会計も非常にスムーズです。

左利き用あります

左利きの方、ご安心ください。

ちゃんと左利き用もご用意があります。

これまで紹介してきた画像は全て右利き用のフラップが左側に開くものです。

左利き用はフラップが右側に開くようになっていて,右手で財布を持ってフラップを開いて,左手でお札・カード・コインを取る,という動作になります。

だい
購入時には右利き用,左利き用よく確認してくださいね!

ミッレフォッリエのエイジング 2年後のナポリはこうなる!

ミッレフォッリエは多くのカラーと数種類のレザーの組み合わせで商品バリエーションが構成されています。

レザー
・ブッテーロ
・ミネルバリスシオ
・ミネルバボックス

カラー(公式サイト取扱)
・ブラック(ミネルバリスシオ)
・コニャック(ミネルバリスシオ)
・タバコ×ベージュ(ミネルバリスシオ)
・タバコ×チョコ(ミネルバリスシオ)
・グリージョ(ミネルバリスシオ)
・ナポリ(ミネルバリスシオ)
・ブルー(ブッテーロ)
・サッビア(ミネルバリスシオ)
・ネイビー(ミネルバボックス)
・ローズ(ミネルバボックス)

その他ネット限定カラーもあり

私は「ナポリ」というカラーを購入しました。

ナポリで使用されているレザーは「ミネルバリスシオ」です。

パッと見は明るい色で,どちらかというと女性向けの感じもしますが,エイジングで飴色になるという情報があったので,この色を選びました。

下の写真は購入直後の写真です。

そして,ここまででちょこちょこ写真を出してしまっていますが・・・

2年経過した私のミッレフォッリエ(ナポリ)がこちら!

だい
全然色違う!

事前情報通り,黄色が濃い色に変化してきました!

そして表面も少しつやが出ています。

特別何か手入れをしているわけではなく,最初にラナパーを塗って水濡れに気を付けるくらいで後は何もメンテナンスせずに使用しています。

おそらくですが,色が明るいものの方がエイジングによる色の変化がわかりやすいと思います。

また,レザーの種類によっても変化がわかりやすいものとそうでないものがあると思います。

ちなみに妻のミッレフォッリエは「トマト」というネット限定色でレザーはブッテーロなのですが,ナポリほど色の変化はありません。

購入は私のすぐ後なので,使用期間はこちらも2年程度です。

色が変化するというよりは深みが増した、という感じでしょうか。

革も最初のうちは硬めだったようですが,だいぶ柔らかくなったと言っています。

小さいお財布にして家計管理に影響は?

長財布からコンパクトなお財布にして,家計管理にはこんな影響がありました!

家計簿をこまめにつけるようになった

ミッレフォッリエにして,お財布の中にレシートを貯めこまなくなりました

というか貯めこめなくなりました。

お札のところでもお話しましたが,ミッレフォッリエのレシート収納スペースはお札と同じところになるので,レシートがあると邪魔で仕方ありません。

また,レシートがいっぱいになると財布がすぐにパンパンになって,くるっと巻いてギボシで留める作業がしづらくなります。

結果,レシートをすぐに捨てるために家計簿に記入するという流れができあがって,家計簿の記入がこまめになり,記入漏れも減ったように思います。

無駄遣いが少なくなった(と思う)

私の意志の弱さが原因なのですが,お財布にたくさんお金が入っていると「まだこんなにあるから大丈夫」という心理が働いて,ついちょっとしたお菓子を買ったりしてしまいます。

ミッレフォッリエにしてからは,お財布に入っている金額は多くても5000円くらいになりました。(ちょっと恥ずかしい。。。)

大半はキャッシュレス決済なので,困りはしないのですが,職場内の売店が今時キャッシュレス非対応なんです!

なので,お財布に現金がたくさん入っているとついつい・・・ということが多かったのですが,お財布の現金が少ないと,お金を下ろすのが面倒なのもあって,ちょっとやめとこうかな,と思うようになりました。

間食しないと健康にもいいですしね!

ポイントの誘惑がなくなった

今まではお財布にポイントカードがどっさり入っていたので,ポイントカードの誘惑に負けることがありました。

例えば

  • 「あ,今日はここのお店がポイント2倍だ」とさして安いわけでもないのにそのお店に行って買い物をする
  • ポイント2倍とかだと,せっかくだからとちょっと余分に買い物してしまう

などです。

これ自体でも無駄遣いをしていますし,ポイントカードがたくさんあると,いろんなお店に行ってポイントが分散してしまうんですね。

こういう状態はポイントの使い勝手が悪くなって,好ましい状態とは言えません。

ですので,ミッレフォッリエの購入をきっかけに,

  • お財布の中には必要最低限のいつも行くお店のポイントカードを入れておく
  • 基本的にはそのお店で,必要なものを安い時に購入する
  • いつも行くお店は,キャッシュレス決済のポイントも貯まりやすいお店を選ぶようにする

というルールを作って,ポイントカードの断捨離とポイントの集約化を進めました。

ポイント目当ての無駄遣いは少なくなりましたし,キャッシュレス決済でポイントも貯まるようになりました!

ミッレフォッリエをお得に買う方法

ミッレフォッリエの価格は15000円(税抜)です。

決して安い買い物ではないと思うので,できるだけ安価で購入したいですよね。

だい
そんな私はミッレフォッリエを楽天で買いました!

楽天で購入すると

  • 楽天SPU
  • お買い物マラソン
  • 店舗独自のポイントアップ
  • その他のポイントアップキャンペーン

でポイント10倍,20倍は余裕で獲得できます。

仮にポイント20倍を達成できたら,

15000円×20%=3000円ポイント獲得で実質12000円で購入することができます。

また,楽天のショップは店舗によって「ネット限定色」を販売しているところもあるので,お気に入りのカラーを見つけることができるかもしれません。

ちなみに,私のナポリも実はネット限定カラーです。

ナポリ自体は公式サイトで販売しているものですが,公式のナポリは内側が白になっています。私のナポリは内側も黄色になっています。

ぜひネットでお安い,自分好みのカラーのミッレフォッリエを探してみてください。

アブラサスの小さい財布も気になっています

実はミッレフォッリエよりももっと小さい財布があって,少し気になっていました。

それがabrAsus(アブラサス)の「小さい財布」です。

だい
ネーミングそのまま!笑

驚異の小ささは,9cm×6cm!

何とクレジットカードとほぼ同じ大きさです!

手にすっぽり収まるサイズ,もはやケツポケではなく胸ポケットにすら入るサイズです。

ただし,サイズと容量はトレードオフ。

カードの収納枚数は何と5枚です。

まだちょっとこのレベルまでには到達できそうにありませんが,いつかは手に取ってみたい財布の一つです。

created by Rinker
¥14,800 (2021/06/23 05:02:37時点 楽天市場調べ-詳細)

まとめ

ミッレフォッリエはおしゃれでサイズと収納力のバランスが秀逸なお財布です。

私が2年超使用してきて,自信をもってみなさんにお勧めできます。

ちなみに,妻にも使い勝手について聞いてみたところ,

小さいからカバンを選ばなくていい

という女性目線の回答がありました。

男性はおしりのポケットに入れて手ぶら,という方が多いですから,女性ならではの答えですね。

今後,キャッシュレス化が進むにつれて,お財布に必要とされるサイズはどんどん小さくなっていくと思います。

コンパクトかつ適度な収納力,そして独特のデザインとエイジングの楽しみ。

ミッレフォッリエはそんなキャッシュレス時代に適したお財布の一つだと思います。

スポンサーリンク