2021.6.14 新着記事「【正しい家計管理やってみた④】1年の予算を組もう!わが家の2021年度予算編成作業を公開!」を掲載しました

【月440円でデータ3GB/かけ放題】楽天モバイルとIIJmio併用でスマホ代を節約する方法

今年に入ってから様々な新プランが出てきたスマートフォンの料金プラン。

  • キャリアも格安SIMもいろんなプランがあるけどどのプランがいいの?
  • キャリアから大容量プランが出ているけどそんなに使わない。容量少なく金額も安くする方法はないか

こんな風に悩んでいる方もいると思います。

スマホ代は毎月かかるお金なので高いと家計圧迫の原因になりますが,逆にうまく節約できれば毎月の家計がラクになり趣味や貯金にお金を回せるようになります。

だい
私は5年前からIIJmioを使ってスマホ代の節約をはじめ,現在は楽天モバイルも契約しスマホ代を削減を進めています。

そんな私がたどりついたスマホ節約プランが「楽天モバイルとIIJmioの併用」です。

この記事では,楽天モバイルとIIJmioを併用して月440円で3GB/かけ放題のスマホを作る方法を紹介します。

この記事を参考にスマホのプランを検討してもらえれば,多くの方はスマホ料金を安くことができ自由なお金が増えるはずです。

だい
特に
・楽天モバイルの無料期間が終了した方
・楽天モバイルに興味はあるけど通信強度が心配な方
におすすめできます!

私の場合,ドコモガラケーとIIJスマホ(3GB)2台で月3000円のスマホ料金だったものが,楽天+IIJmio(3GB)にすると月440円に抑えることができることになります。

スポンサーリンク

楽天モバイル+IIJmioのデュアルSIM運用で3GB・かけ放題スマホが440円

今回紹介する方法は,デュアルSIM対応端末で楽天モバイルとIIJmioを併用することで実現可能となります。

1台のスマホで2枚のSIMを利用できる機能のことです。
SIMの中には契約者の情報や契約プランの情報,電話番号など様々な情報が記録されています。
2枚のSIMを使うことで電話番号を1台で2つ使えたり,違う会社のプランを1台で使えるようになります。

楽天モバイル「UN-LIMIT Ⅵ」はデータ利用1GBまでは料金0円で,通話も楽天Linkというアプリを使うことで通話料無料です。

つまり1GBまでの利用ならタダでかけ放題のスマホを持てるということです。

だい
でも1GBではデータ利用料が足りないですよね?

なので別の格安SIMでデータ容量を追加するのです。

それがIIJmioの新プラン「ギガプラン」
最安でデータのみのeSIMプランが2GB・440円で利用できます!

と・い・う・こ・と・は!

この2つのプランを契約してデュアルSIM運用をすると,3GB・かけ放題のスマホが月440円で持てるということになります!

楽天モバイル「UN-LIMIT Ⅵ」は月額0円から使える安さが魅力!

米倉涼子のCMでおなじみ,楽天モバイルは1年前に月額利用料1年無料を打ち出して非常に注目を集めました。

無料期間1年間が終了した後の顧客離れをどう防ぐのか,という点は以前より注目されていましたが,そこで出てきたのが新プラン「UN-LIMIT Ⅵ」です。

楽天モバイルの詳細・申込(公式HP)はコチラ

データ利用1GBまでは月額利用料無料

このプランの一番の特徴はなんといっても月のデータ利用料が1GB未満であれば月額利用料が無料という点です。

だい
無料という響きはインパクトがありますよね!

1GB超過後は料金が階段状になっていきます。

  • 3GBまでは1,078円
  • 20GBまでは2,178円
  • 20GB超過後はどれだけ使っても3,278円

さらに!

1年間月額利用料無料キャンペーンは4/7に終了しましたが,終了直後から月額利用料3か月無料キャンペーンが始まっています!

だい
1年無料キャンペーンに乗り遅れた方も,まだまだお得に契約できますよ!

楽天Linkで通話は基本無料

楽天モバイルでは,楽天Linkというアプリを使用すると通話料無料で電話ができます。

楽天が提供する楽天UN-LIMITで利用するアプリで,国内通話・SMSが無料で利用できます。固定電話にも無料通話が可能(一部対象外あり)で相手方が楽天Linkアプリをインストールしている必要はありません。

楽天Linkの詳細はこちらへ

だい
皆さんLINEで電話することがあると思いますが,「固定電話にも電話できるLINE」みたいなイメージです。

IIJmio新プラン「ギガプラン」はeSIMが安い

IIJmioはインターネットイニシアティブ(IIJ)が提供するモバイルサービスで2012年からスタートしている老舗のサービスです。

だい
「mio」はイタリア語で「私の」「私のもの」という意味のようですね。

格安SIM業界では「老舗で大手」のサービスで,iPhoneの新機種や新型端末の動作確認が早く安定した運営が評価されています。

SIMカード契約数はIIJmioがシェアNo.1です(MM総研 国内MVNO市場規模の推移(2020年9月末))

IIJは2021年の年明けから続いたスマホ料金の新プラン発表ラッシュにおいて,新プラン「ギガプラン」の提供を発表しました。

IIJmioギガプランの詳細はこちらから

データのみのeSIMプランが安い!

IIJmioではSIMの種類が4種類,データ容量が5段階設定されていてSIMとデータ容量の組み合わせてプランを選択します。

  • 音声SIM(通話可能)
  • SMS対応SIM(通話不可・SMS利用可)
  • データSIM(データ通信のみ)
  • eSIM(データ通信のみ)
  • データ容量は2・4・8・15・20GBから選択

この中で楽天モバイルとの併用に相性がいい,かつ安いプランがeSIMプランです。

スマホ本体に内蔵された一体型のSIMのことです。

従来は設定が書き込まれたSIMカードを本体に差し込んで使われていましたが,eSIMは最初からカードが本体内蔵でデータを書き換えるだけで利用プランの変更等が可能です。

デュアルSIM対応端末は,最初からeSIM内蔵+従来のSIMカードを差すスロットがあり2つのSIMを1台で運用できます。

eSIMプランでは2GB・440円,4GB・660円とかなり安い月額利用料で利用可能です。

つまり,楽天モバイルと併用すると3GB・440円,5GB・660円で利用できるスマホが作れるわけです!

通話は楽天Linkで無料で利用できますので,IIJmioではデータ通信ができればOKです。

そしてIIJはギガプラン開始のキャンペーンとして「初期費用1円キャンペーン」を実施しています。

期間:~2021年5月31日まで
対象:期間中に新規でギガプランを申し込んだ人
特典:初期費用3,300円を1円で提供

※量販店やネットショップなどで購入したパッケージを利用しての申し込みは対象外

キャンペーン詳細ページはこちらから

だい
楽天もそうですが,どこの会社も顧客獲得にお得キャンペーンを打ち出しています。今がチャンスですね!

楽天モバイル+IIJmioのメリット・デメリット

月額利用料440円のスマホなんてきっと何かデメリットがあるに違いない!と思う方もいると思うので,私が感じるメリット・デメリットを紹介したいと思います。

メリット

月額利用料が安い

何といっても一番はこれですよね。

ここまで紹介してきたように3GB・440円,5GB・660円しかも基本的に通話料無料で使えます。

3GBだったらスマホ代は1年間5,280円!

だい
大手キャリアの1か月分の代金くらいですね。。。

ちなみに他の格安SIMの料金(音声・データ)はこんな感じになっています。

サービス名 1GB 3GB 5GB 6GB 10GB 15GB 20GB 25GB
UQモバイル   1,628円       2,728円   3,828円
ワイモバイル   2,178円       3,278円   4,158円
mineo 1,298円   1,518円   1,958円   2,178円  
OCNモバイルone 770円 990円   1,320円 1,780円      

※表は横にスクロールできます

データをあまり使わない人にとってコスパが優れている

2021年は3大キャリアが相次いで20GB・2,728円の新プランを発表しました。

でもみなさんこう思いませんでしたか?

  • そんなにたくさんデータ使わないし
  • もう少し低容量で低価格なプランがよかったな
だい
こう思った方,おそらく多数派です。

というのもMN総研が「携帯電話の月額利用料金とサービス利用実態」という調査を実施しており,2020年2月のサービス利用実態は以下のように明らかにされているからです。

  • 2020年2月の平均データ使用量は7.56GB
  • 5GBまでの利用者が全体の70%ほどを占めている

ですので,きっと多くの方はもっと低容量でいいから低価格なプランを出してくれ!と思ったはずです。

その点,楽天モバイルやIIJmioは低容量・低価格なプランを実現しており,スマホのライトユーザー・ミドルユーザー層の料金プランに対する要望をうまくくみ取っているといえます。

キャンペーンや楽天ポイントなどお得がいっぱい!

楽天モバイルもIIJmioもお得に契約できるキャンペーン等を打ち出しており,今契約すればこれらの恩恵を受けられます。

・月額利用料3か月間無料!
・楽天モバイルを契約するともれなく楽天ポイント5000ポイント
・楽天会員は楽天市場での買い物がポイント+1倍
・初期費用が3,300円→1円で提供

デメリット

通信速度・品質は高くはないが楽天⇔IIJmioの回線切替で柔軟に対応可

楽天モバイルの口コミではよく「場所によっては電波が弱い・圏外になる」というものを見かけますし,IIJmioも「お昼休みと夕方の時間帯は遅い」と言われています。

実際のユーザーから言わせてもらえば,これは正しい情報です。

私は首都圏ではない地方住まいです。

さすがに圏外とかはないですが,楽天モバイルは堅牢な建物に入ると大手キャリアよりも電波が弱くなりますし,IIJはみんながスマホを使うような時間帯は確かに通信速度が遅くなります。

もうこれは料金とトレードオフなので仕方がないと割り切っています。

ただ,デュアルSIM運用の利点でもあるのですが,

  • 楽天の電波が弱い場所はIIJのSIMに切り替えて通信する
  • IIJの通信速度が遅い時間帯は楽天SIMに切り替えて通信する

というテクニックも使えますので,これで乗り切れる場合もあります。

だい
私は病院に勤めていますが,病院の頑丈な建物内では楽天の電波はだいたい2本です。
一方でIIJmioの電波はほとんどの場所で4本をキープしています。

実際致命的に困った場面にはまだ遭遇してませんので,料金を考えると十分コスパは満足できるものだと思います。

デュアルSIM対応端末を用意する必要がある

このプランを使うためにはデュアルSIM運用ができる端末を用意する必要があります。

節約のためにスマホ代削るのに端末代かかるのは本末転倒では?という意見もあると思いますが,私自身はそこまで気にしていません。

節約して浮いた料金で端末代は賄える

私の場合,月3000円だった料金を月660円にするためにデュアルSIM対応端末を66,000円で購入しました。

変更により月2300円の節約になるので66000÷2300=29で浮いた料金29か月分で元が取れる計算です。

自分は更新前のスマホは5年以上使っていたので十分に元が取れます。

だい
頻繁に最新端末に更新したい派の方は検討が必要かもしれません。
そもそも端末はいつかは更新するもの

端末自体はいつかは更新するので必ずかかる経費です。

プラン変更をするためにそれが少し前倒しになっただけで,プラン変更をしなくてもいずれは機種代がかかります。

だい
であればさっさと節約のためにプラン変更をしてしまった方がお得なのでは?

一時的に出費はありますが,長期的な目線で見れば即行動した方がお得になると思っています。

スポンサーリンク

楽天+IIJmioのデュアルSIMスマホの始め方

この激安プランのスマホを作成する手順は以下のとおりです。

  1. デュアルSIM端末対応スマホを準備
  2. 現在契約しているキャリアでMNP転出手続き
  3. 楽天モバイルを契約
  4. IIJmioを契約

デュアルSIM端末対応スマホを準備

端末の購入

私はiPhoneユーザーなので,Apple StoreでiPhone SE2を購入しました。
(楽天モバイルではiPhoneは「動作確認」はされていますが「動作保証」はされません。ご注意ください)

iPhoneはXS,XR以降はデュアルSIMに対応しています。
(参考)
Appleサポートページ「eSIM でデュアル SIM を活用する」

アンドロイド端末もデュアルSIM端末はありますので,ググってみてお好みの端末を選んでください。

大手キャリアで購入した現在使用中の端末がデュアルSIM対応でそのまま使う場合はSIMロック解除が必要な場合があります。

各キャリアのSIMロック解除についてリンクを載せておきますので参考にしてみてください。

アクセサリーの用意も忘れずに

液晶保護フィルムやスマホケースなどのアクセサリも忘れずに用意しましょう。

現在契約しているキャリアでMNP転出手続き

現在使用している電話番号のまま楽天モバイルに乗り換える場合は,変更前のキャリアでMNP転出手続きを行う必要があります。

楽天モバイルの契約申込時にMNP予約番号を入力するので事前の手続きをしなければなりません。

各キャリアとも電話やネットで簡単にMNP予約番号を取得できます。

だい
ここで注意点がひとつ!

MNP予約番号には発行日を含めて15日以内という有効期限が設定されています。

転入先のキャリアによって「有効期限が〇日以上残っている状態で申し込んでください」ということが決まっているので注意が必要です。

楽天モバイルをネットで申し込む場合は,有効期限が7日以上残っている必要があります。

期限が過ぎてしまった場合は,また予約番号を発行すればいいだけです。

予約番号の申し込みだけでは変更前のキャリアが解約されたりすることはないので安心してください。

楽天モバイルを契約

今なら月額利用料3か月無料!月1GBまではなんと0円!楽天モバイルの申し込みはこちらから

申し込み時に先に発行したMNP予約番号を入力してください。

数日でSIMカードと説明書が届きます。

だい
ピンクの説明書に従って設定をすればできるよ~
私は1時間もかかりませんでした^^

IIJmioギガプラン契約

今なら初期費用1円!データのみeSIMが2GB440円~!IIJmioギガプランはこちらから

サイトで必要事項を入力するとすぐにメールが届きます。

eSIMなのでSIMカードの送付もなく,一瞬で開通作業が完了します。

そのメールからアクティベーションコードを表示できるので,スマホで読み取りましょう。

だい
読み取るのはバーコードリーダーアプリではなく,iPhoneでは「設定」⇒「モバイル通信」⇒「モバイル通信プランを追加」で読み取ります。

ガイドに従って設定していきます。

  • デフォルトの音声回線⇒楽天モバイル
  • モバイルデータ通信⇒IIJmio

設定が完了するとモバイル通信の設定画面はこんな風になります。

コントロールセンターを表示してみると・・・

二種類の回線が表示されますね。

注意点:旧プランの既契約者はギガプラン変更時にSIMの種類を同時変更できない

まず,プラン変更は4月1日から行えますが,適用は翌月1日からになります。
(新規契約の方は4月1日から申込・使用できます)

もう1点,私のようにすでにIIJmioを契約している人は既存プランからギガプランに変更するのと同時にSIMの種類を変更できないようです。

  • ×SMS対応SIM→データSIM(SIMの種類が違うので同時変更不可)
  • 〇旧プランでSMS対応SIM⇒データSIM⇒ギガプランデータSIM

上記のとおり2段階の変更が必要になります。

さらに,上記の旧プランでの変更は物理SIM⇒eSIMの変更ができないため,物理SIMからeSIMへ変更する場合は既契約の解除とギガプランの新規契約が必要になります。

だい
私も一度契約済みのプランを解約してからギガプランeSIMを新規契約しました。

スマホの節約は最初の変更のみで効果が続く!早めの検討・変更を

ライトユーザー~ミドルユーザー向けのスマホ料金節約プランとして楽天とIIJのデュアルSIM運用について紹介しました。

  • 3GBなら月440円
  • 5GBなら月660円
  • しかも楽天Linkで電話かけ放題

でスマホを使用できます。

スマホ料金の節約は最初の変更手続きが面倒ですが,一度手続きすれば効果はずっと続きます。

大手キャリアで高い料金を払っていた人は毎月5000円以上,年にすると6万円,10年で60万円の節約効果を得ることができる場合もあります。

節約効果は早く始めた分だけ多く得ることができます。遅くなればなるだけ無駄な料金を払うことになってしまうので早めの乗り換えをおすすめします。

だい
万が一自分には合わなかったという場合も,楽天モバイル,IIJmioギガプランともに解約は2年縛りもなく解約手数料もかかりません。
(IIJmioの最短解約は契約翌月末です)

今なら楽天・IIJともにお得なキャンペーンを実施中なので,今がお得にスマホ代節約を始める絶好の機会です!

・月額利用料3か月間無料キャンペーン
・終了時期が未定なので,ある日突然終了予告があるかも!?
・初期費用3,300円→1円キャンペーン
・終了は2021年5月末
・期間限定なので早めの契約が吉!

みなさんもスマホ代を節約して,貯金・投資・自分の趣味など自分の好きなことにお金を使えるようになりませんか?

\月額利用料3か月無料キャンペーン実施中!/
\終了後も月1GBまでなら利用料0円! /

\データのみeSIMプランなら2GBが月440円!/
\今なら初期手数料3,300円⇒1円!/

スポンサーリンク